入浴は寝る90分前に!

深い眠りに効果的なのは、脳や内臓など体の内部の温度である「深部体温」を一時的に大きく上げて、大きく下げること。大きく下がるときが入眠のベストタイミングで、入浴後90分が目安になります。お風呂に入ってすぐ寝たいという方は、シャワーだけ、または40℃未満のぬるいお湯に15分以内で入り、深部体温の上げ下げの時間を短くなるようにしてみましょう。

おでこを冷やす!?

あおむけに寝て、リラックスしながらおでこを冷やしましょう。大原則として1回につき1分間だけ、1日2回まで。時間をあけて行うことを守って下さい。おでこが冷えると、そこを温めようと真っ先に前頭前野をはじめとする脳に血が送られ、血流が改善します。その結果、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになって自律神経のバランスが整い、深い眠りを得られるようになるのです。

寝る前にテレビや携帯は見ない

明るい光は睡眠の質を低下させます。できれば夕方くらいからリビングの照明を必要最低限に落とし、脳をリラックスさせて体を眠る体勢にしましょう。夜になったら暗くなり、眠くなるのが自然のリズムです。

朝の光を浴びる

人の体内時計は1日25時間周期。光でリセットされるので、24時間周期にリズムを整えるには、目覚めたらすぐに日光を浴びて体内時計をスイッチオンすることが大切です。天気に関わらず、朝の光を浴びると、眠りを誘うホルモンであるメラトニンの分泌を抑制し、目覚めをスッキリさせてくれます。

冷えない体づくりをする

冷えを和らげ快眠を得るには、体を内から温めて血行をよくし、じっくりと体質改善していくことが大切です。生活習慣を見直し、無理のない生活を心がけるほか、体内のめぐりをよくしてくれる「めぐりゆく」「トリプルメタクリーン」をお飲みいただくのもおすすめです!