4対8呼吸法

お腹に手を当てて呼吸に集中し、心を静めましょう。鼻から4秒かけて息を吸い、口をすぼめて8秒かけてゆっくり息を吐きます。副交感神経が活性化し、血管が開いて血液が毛細血管まで行き渡ります。

朝の一杯の水

朝起きたらコップ1杯の水 かお白湯を一気に飲みましょう。胃と腸が水の重みを感じ結腸反射という現象が起こり、自律神経が目覚めます。

夜のウォーキング

就寝1時間前までに30分程度、夜にゆったりと歩くことで副交感神経の働きが高まり、横になるとすぐ深く眠れるようになります。

乳酸菌と食物繊維

ヨーグルトやチーズ、みそ、漬物、キムチなど乳酸菌を 多く含む食材を毎日少しずつとるように意識しましょう。食物繊維は善玉菌のエサとなり、さらに腸内環境も整えます。

内臓を温める

体が温まると血管が拡張 され副交感神経が優位になります。ヒハツは内臓を温める効果があり、毛細血管を強くするピペリンという成分も含まれます。めぐりゆ く、トリプルメタクリーンにも含まれていますよ♪

体側のばしで腸のストレッチ

寝起きや、長時間同じ姿勢を続けた後など、体が硬直しているときにおすすめなストレッチ。副交感神経の働きが高まり、腸のぜん動運動が促進されます。血流もよくなり気分もスッキリ!